« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月26日 (火)

FXの口座開設の視点-安い取引コスト

FX口座開設をするにあたって、口座選びの基準となるものに、安い取引コストがあります。

FX口座選びの基準に、安い取引コストを基準にする方は多いと思います。

スプレッドは、FX取引で必ずかかる取引コストです。

FX取引を行うごとに、スプレッドをFX取引会社に支払っていることになります。

ですから、スプレッドが安いほどFX取引コストがかからないことになります。

スプレッドの値は、ドル円でだいたい0.6銭くらい。

業界最狭水準を謳っている業者ですと、0.3銭というところもあります。

FX口座開設では、スプレッドの価格が、新規口座開設に結びついているようで、スプレッドの価格は安くなる一方です。

FX取引において、短期トレードを検討されている方にとっては、取引コストを考える場合にこのスプレッドの安さはとても重要です。

FX取引を行うたびにこのスプレッドを支払うことになりますから、スプレッドの値が低いことは、それだけFX取引にかかるお金も安いことになります。

FX取引コストの安さを考える場合は、スプレッドが安いことはとても重要です。

FX取引にかかるお金とは直接関係ありませんが、取引手数料も取引コストの一つです。

この取引手数料の中にFX口座開設費があります。

FX口座開設費が無料であるFX取引会社が今はほとんどです。

FX口座開設の広告ではほとんどの広告で口座開設費が無料と謳ってあるようです。

FX口座開設の広告を良く見て、FX口座開設費が無料となっているFX取引会社で口座開設を行うことが重要です。

安い取引コストを考える場合、FX口座開設費が無料であることを検討するようにしましょう。

取引手数料の中では、他に口座維持費があります。

FX口座開設をすると、FX取引会社のサーバーに皆様の取引口座が作成されます。

そのサーバー上での口座維持や口座維持のためにかかるその他諸々の諸費用ですが、この口座維持費が無料であるFX取引会社が最近ではほとんどです。

安いFX取引コストを考えている方にとっては、FX口座維持費が無料であることもとても大切です。

FX取引会社の広告を良く見ると、取引手数料と謳っている中に口座維持費も無料と書いてある広告もかなり見られます。

FX口座開設の広告にて取引手数料にて口座維持費も無料となっているFX取引会社は少ない取引コストを望んでいる方々にとってとても大切です。

FX取引口座選びをするにあたっては、各FX取引業者の安い取引コストの内容を十分に比較した上で、口座選びをすることが大切だと思います。

2014年8月22日 (金)

FXの取引業者選びの基準-最短翌日からのFX取引

FX口座選びにおいて、口座選びの判断基準となるものに、ネット申込からFX口座開設までが速いか?があります。

FX口座選びの基準に、ネット申込からFX口座開設までの速さを基準にする方は多いと思います。

FX取引会社にFX口座開設の申込を行う時、FX口座開設の申込の方法は郵送・ネット申込など様々な方法があります。

しかし、今はFX口座開設の申込は、ネット申込に対応しているFX取引会社がほとんどだと思います。

FX口座開設をネットで申し込んだら、やはり今すぐFX取引したくなるものです。

郵送ではなく、ネットで直接FX取引会社へ情報入力して、あとは審査を待つだけですから、今すぐFX取引をしたくなるのも当然ですね。

FX口座開設でネット申込をする利点は、やはり審査結果が出るまでが速いことがあげられると思います。

審査結果が速いということは、それだけFX取引開始までが速いということになります。

FX口座開設をネットで申し込んで、審査結果が速いともなれば、誰もがネット申込してから即日FX取引開始を期待します。

FX取引会社もその期待に答えるべく、即日取引開始を目指しているような気もします。

即日取引ができるようになれば、取引チャンスも逃しません。

FX口座開設後の即日取引は、やはり誰もが期待しますね。

しかし、現在では最短でも翌日から取引開始というFX取引会社が多いようです。

ネット申込後、即日取引を開始したいお客様は大勢いらっしゃると思いますが、ほとんどの会社は最短翌日取引となっており、広告でもその記述がなされています。

ネット申込後、FX取引開始が最短翌日であるならば、ネット申込後の早い取引を希望なさるお客様は、広告に『最短翌日取引開始』と記述されているFX取引会社を選んでみてはいかがでしょう?

ネットで調べてみれば、ネット申込後、最短翌日のFX取引会社がかなり見つかると思います。

ネット申込後、FX取引開始が最短翌日となってしまう理由としては、ネット申込後審査結果でOKとなってから、取引ツールへのログインID等、必要な書類はまだ郵送となっています。

ネット申込の後、書類が郵送となっているので、ネット申込後の取引開始が最短翌日なのも仕方がないかもしれません。

しかし、近い将来、ネット申込後、即日取引というFX取引会社も出てくるかもしれません。

FX口座開設をするにあたり、ネット申込からFX口座開設までが速いかどうかを検討してから決めることは大切だと思います。

2014年8月13日 (水)

FX取引業者選びのポイント-マイナー通貨で選ぶ

FX取引業者を選ぶにあたって、取引業者選びの基準となるものにマイナー通貨に対応しているか?があります。

FX口座選びの基準に、マイナー通貨に対応しているかどうかを基準にする方は多いと思います。

マイナー通貨の代表格は、南アフリカランドだと思います。

南アフリカランドは、マイナー通貨ではありますが、取り扱っているFX取引会社は多いようです。

シンガポールドルは、シンガポールは現代の金融の中心地でもあることから、徐々に取扱うFX取引会社も多くなってきているようです。

シンガポールドルでのFX取引も面白いかもしれません。

中国人民元は、今では最も注目されているマイナー通貨かもしれません。

この中国人民元を取り扱うFX取引会社は、まだ多くはありませんが中国人民元の動向は、今後も注目していく必要があるかと思います。

中国人民元でのFX取引も、注意は必要ですが是非行ってみたいFX取引だと思います。

香港ドルの存在も忘れてはいけません。

香港も現代では金融取引が盛んな都市で、この香港ドルでの取引も取り扱いは徐々に増えてくのでしょうか?

台湾ドルの取り扱いはどのようになっているのでしょうか?

台湾ドルを取り扱っているFX取引会社も多くはないようです。

台湾ドルでのFX取引も面白そうですね。

マイナー通貨では他に、スカンジナビアのデンマーククローネ、ノルウェークローネ、スウェーデンクローナ。

他のマイナー通貨では、面白いところでは、ポーランドズロチ、チェコ・コルナ、ハンガリー・フォリント、トルコリラ、インドルピー、メキシコペソ、サウジ・リアル、タイバーツなどなど、様々なマイナー通貨を取り扱っているFX取引業者もあります。

FX口座選びには、各FX取引業者のマイナー通貨対応状況を十分に比較した上で、口座選びをすることが大切かもしれません。

2014年8月 4日 (月)

FX口座選びの方法-スプレッドで選ぶ

FX口座選びの基準となるものに、スプレッドがあります。

FX口座開設の基準に、スプレッドの小さいことや、安いスプレッドでの配信率を基準にする方は多いと思います。

スプレッドの値は、ドル円でだいたい0.6銭くらい。

業界最狭水準!とか、業界最安!を謳っている業者ですと、0.3銭という安いところもあります。

FX口座開設では、安いスプレッド、小さいスプレッドが、新規口座開設の獲得に結びついているようで、スプレッドの価格は安くなる一方です。

スプレッドは、ユーザー側とすれば取引手数料にあたるものです。

FX取引を行うたびに、このスプレッドの価格を取引手数料みたいに、FX取引業者へ支払っていることになります。

取引手数料は安いほうがいいに決まっていますから、取引手数料にあたるスプレッドは安いほうがいい、スプレッドは小さいほうがと誰もが考えると思います。

短期トレードで数多いFX取引を検討されている方は、スプレッドの価格に特にナーバスになるかと思います。

FX取引における価格表示は、円ベースの取引では小数点3桁、ドルベースの取引では小数点5桁が多いと思います。

なので、スプレッドも0.1銭刻み、0.1pips刻みであることが多いようです。

円ベースの取引で小数点3桁以外の表示では、小数点2桁が多いですが、小数点2桁の場合、スプレッドは1銭刻みであるため、小数点3桁を採用しているFX取引業者よりは、小さいスプレッドでの提供はできない傾向にあるようです。

FX取引会社では、安い小さいスプレッドでの提供が多くなってきていますが、そのスプレッドは、”原則固定”です。

この”原則固定”というのは、いわゆる経済指標発表時には、急激な相場変動が起こりやすいため(というか、起こるため)、経済指標発表時やいわゆるリーマンショックのような急激な相場変動が起こった場合は、表示価格より拡大したスプレッド価格での提供となってしまうことから、”原則固定”と謳っているようです。

スプレッドで重要なのは、業界最小スプレッド!業界最安スプレッド!といったことはもちろんですが、重要なことはやはり業界最小スプレッド、業界最安スプレッドでの配信率になります。

業界最小スプレッド、業界最安スプレッドと謳われていても、その業界最小スプレッド、業界最安スプレッドでの配信率が低いと、時間帯によっては、業界最小スプレッド、業界最安スプレッドにはならず、その時間帯は高い取引手数料を払っていることになってしまいます。

業界最小スプレッド、業界最安スプレッドでんの配信率が高ければ、安い、小さいスプレッドでのFX取引の時間帯が多くなります。

業界最小スプレッド、業界最安スプレッドでの配信率はとても重要な判断基準です。

やはりスプレッドの価格は、自身のトレード資金へ大きく影響を与えるものです。

ですから、業界最小をアピールしている取引業者、低スプレッドでの約定率をアピールしている取引業者など、スプレッドにおける業者のアピールポイントは様々です。

スプレッドは安ければいいというものではありませんが、トレード資金への影響もあるので、やはり重要な判断基準になるのかと思います。

FX口座開設には、各FX取引業者が提供するスプレッドの内容を比較し、自身のトレード方法にあったスプレッドを提供してくれるFX取引業者を選ぶことが大切です。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

サイドメニュー


2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

その他